McAfee Safe Connect をアンインストールに失敗したときに試すこと

mcafee7

ダウンロード時にうっかりチェック外し忘れると Adobe Reader などについてくる McAfee Safe Connectなんですが、ちょっとアンインストールに癖があるので、トラブルシューティングを紹介します。
mcafee3
ファイルが入ってるのを見つけたからと言って、フォルダをいきなり削除するとこうなります。
ドライバーのアンインストールプログラムが見つからないためこんなエラーになりアンインストール不能になります。

MSI (s) (F0!74) [09:22:59:986]: Creating MSIHANDLE (117) of type 790531 for thread 15220
Driver installation operation failed 場所 System.Diagnostics.Process.StartWithCreateProcess(ProcessStartInfo startInfo)
場所 System.Diagnostics.Process.Start()
場所 System.Diagnostics.Process.Start(ProcessStartInfo startInfo)
場所 SafeConnect.Installer.Actions.DriverHelper.<>c__DisplayClass12_0.b__0()
MSI (s) (F0:04)
[09:23:02:548]: Product: McAfee Safe Connect — Error 1316. 指定されたアカウントは既に存在します。
Error 1316. 指定されたアカウントは既に存在します。

エラー見るとこんな感じ、ごみ箱から復活させるか、インストール済みPCから消したフォルダを持ってきましょう

ふつうは、プログラムの追加と削除から消せばきれいに消えるのですが、インストール途中にアンインストールすると、バグることがあります。
mcafee6
プログラムの追加と削除からは消えたのに、プログラムは残ってるし、再インストールもできないなんてことがあります。

mcafee
その場合はレジストリを探します。
McAfee Safe Connectをキーワードに検索
見つかったら、UninstallString をコピーして実行

2.13の場合は
MsiExec.exe /X{FA376988-2613-43B7-8BFC-91D8DC165F14
でした。

mcafee2
実行すると今度は消してくれます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です