IE11のサポートが終了…時間が過ぎるととどうなるか試してみた

ie11
IE11のサポートが6/16(日本時間)で終了し、Edgeが起動するようになるって話を聞いたので試してみました。

ie11a
方法は単純で、時刻を進めてみる実験。

結果どうなったか・・・・


・IE11は最後に警告を表示した日時を記憶している
・Edgeを起動するを選んでも、Edgeが起動するだけ
・既定のWebアプリをIEにしていた場合も変化ない
・最後に警告を表示した時から1週間すると、再度ポップアップ警告が出る。
・時間を戻した場合、未来に設定した時刻の1週間後になるまで警告表示が出ない。
・例えば、2099年に設定して表示すると二度とポップアップは出ないと思われる。

ie11b

ちなみに、
Windows Server 20H2は 2022年8月11日まで
Windows 8.1 のIE11は 2023年1月10日
Windows Server 2012/R2は2023年10月10日
Windows Server 2016は2027年1月12日
Windows Server 2019は2029年1月9日
Windows Server 2022は2031年10月14日
までサポートがあるのでIE11が完全になくなるわけではない ・ω・

いよいよ完全終了へ。Internet Explorer(IE)サポート終了スケジュール:Tech TIPS – @IT

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です